憧れの気象予報士になるために

憧れの気象予報士になるために

朝起きてまずニュースを見ながらコーヒーを飲んだり、朝食を食べる人はきっと多いかと思います。

テレビがあるなら一日の中で必ず一度は目にするであろうニュースの中で活躍する気象予報士の皆さん。

私は小さい頃からいわゆるお天気お姉さんに憧れていて、遠足の前の日に天気を教えてくれたり、楽しみにしている旅行の日取りを再確認する意味でも天気予報は私の中で大きな部分を占めていました。

中学生以上になってくると気象予報士になるために現実的なことを考えなくてはならなかったのですが、今私は一般事務として働いています。

家の事情で金銭的に専門学校に行くことが厳しく、アルバイトしながら学校に行くことは選択せずに社会人になったのです。

独学や通信講座でなった方も多くいるので、家を助けながらも気象予報士の夢を追うことを選びました。

私は暗記が苦手なので、オンライン講座のような動画で説明してくれるコンテンツがあるサイトを見つけ問題集と併用して利用しています。

塾などに比べ価格が手ごろなのも個人的にありがたいのです。

いつかテレビの前でみんなの楽しみの為に天気を予報出来る日を夢見て、諦めることなく気象予報士を目指そうと日々勉強しています。

オンライン講座を利用する気象予報士の卵

私のいとこに、気象予報士を目指している子がいます。

彼女は一度社会に出たのですが、独学でもいいから一度目指してみたいと両親に打ち明けたそうです。

彼女は高校卒業後と早い段階で社会人になっており、仕事も忙しく土曜出勤もあったりで遊ぶ暇もありませんでした。

私は時折あっていたのですが、友人たちは皆大学や専門学校に行っており遊ぶ感覚や時間も合いません。

そんな彼女を支えていたのが、なんとなく定期的に見ていたニュースである日新人気象予報士として登場したお天気お兄さん。

慣れない環境で先輩のフォローを受けつつスタジオメンバーにダメ出しを受けたりしているその姿に、いつの間にか自分を重ねていたそうです。

彼女が社会人になったのは長女であり、下に弟、妹が3人もいたから。

だから、働きながら目指してみたいと私にも相談してくれました。

今は独学用のテキストも充実しているようですし、インターネットをよく扱う私から見ると動画コンテンツなどを配信してくれるオンライン講座などは仕事の終わりなど、都合のいい時間に使えるのでいいのではないかとすすめてみたりしました。

気象予報士になる方法

私も夢を見つける間もなく社会人になり心が折れそうになったことがあるので、彼女の夢を一緒に叶えてみたいと勉強に付き合ったりしています。

新人気象予報士としてテレビで彼女の姿を見れることを願いながら、参考書を見つめる彼女の向かいでいい勉強法を検索してみたりする日々です。